ビフィズス菌で腸内環境を綺麗にしよう!

 

ビフィズス菌が腸をキレイにする

脂っこいものを食べるとすぐに下痢をしてしまうのが悩みでした。また下痢だけでなく便秘にも常に悩まされており、とにかく腸のトラブルが多かったのです。

 

そのせいか肌の調子も悪く、なんとか腸を健康にできないかと調べたところ、見つけたのがビフィズス菌だったのです。今までビフィズス菌という名前は聞いたことがあっても、どのような働きをしてのどのような効果があるのかまではわかっていませんでした

 

ビフィズス菌は善玉菌の一部で、腸内環境を整え排便をスムーズにしてくれる働きがあるんです。今まで下痢や便秘に悩まされてもほとんど市販の薬を使うことはありませんでした。

 

それはやはり市販の薬は体に悪いというイメージがあったからです。
でもビフィズス菌は体に良い菌ですので、副作用もなく安心して摂取することができますよね。

 

ビフィズス菌の摂取というとヨーグルトやチーズなどから摂るのが効果的というイメージでしたが
、実は納豆やお漬物にも多く含まれているのだそうです。

 

つまり乳製品だけでなく、様々なものから摂取するのが良いんですね。
和食にはビフィズス菌が多く含まれているそうです。

 

それから食事だけでなくサプリで摂るのも良さそうですね。
お勧めのビフィズス菌サプリを調べて買ってみようかと思います。

加齢により減少するビフィズス菌

ビフィズス菌という言葉はCMなどでよく耳にするのですが、ビフィズス菌の具体的な効能などはわからないままでした。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、成人の腸内の善玉菌のうち99%以上がビフィズス菌なのだそうです。ビフィズス菌が善玉菌だと言う事は知っていましたが、まさか99パーセント以上ものビフィズス菌が腸内に存在するとは考えてもいませんでした。

 

これだけ腸の中に存在するということは腸にとっても必要な菌であることがわかります。

 

ビフィズス菌が減少することで腸内の環境は悪くなり、便秘や肌荒れを引き起こす原因となるのです。

 

ビフィズス菌は腸内で酢酸を生みだすのですが、
この酢酸には悪玉菌が増殖するのを抑える働きがあります

 

そして独自の殺菌力で大腸を悪玉菌から守ります。
しかしこの腸にとって大切なビフィズス菌は加齢とともに減少してしまうのです。

 

赤ちゃんの腸内には95%以上のビフィズス菌が存在するにも関わらず、
高齢者の腸内にはわずか1%ほどしか存在しないのです。

 

また現代人の食生活では十分にビフィズス菌を摂取することができず、
若い方の腸内でもビフィズス菌の数が減ってきています。

 

ですのでビフィズス菌サプリを飲んで、食事で摂取できない
ビフィズス菌をきちんと摂り入れることが大切なようです。